KAMUI HORIKAWA

堀川 佳夢偉

テクノロジーによって無駄を減らし、
顧客と向き合う時間を増やしていく

堀川 佳夢偉(ほりかわ・かむい)

Service Development Division Ⅰ サーバサイドエンジニア

2017年入社

大学卒業後、Web業界に憧れがあったが、大学時代は全くwebと関係ない研究をしていたので初心者の状態でweb制作会社に新卒入社。大手webサイトの企画・制作を経験し、2017年GA technologiesにジョイン。入社時フロントエンドエンジニアとして制作を担当し、2018年4月からサーバーサイドエンジニアとして開発を担当。現在はチームリーダーとしてセールスが使う社内システムの開発・運用を担当。

  1. セールスの雑務を減らすためのシステムを開発

    サーバサイドエンジニア兼ディレクターとして、セールスが使う社内システムの開発をしつつ、そのシステムを改善するために社内でヒアリングや提案を行なっています。具体的にはセールスの会議に参加し、そこから課題などを見つけ改善していく業務ですね。要望はもちろんたくさんいただきますが、セールスの業務から少しでも雑務を減らし、お客様と向き合う時間を増やせるように、こちらからも何か提案できるものはないかと常に探しています。

  2. 不動産業界を変える。ビジョンに共感し、入社を決意

    ちょうどGAを知る少し前に引っ越しをしたのですが、不動産屋さんで部屋探しをしていて、アナログな部分が気になっていたんです。当時、漠然とですが、「この先、家を買うときにこのままだったら嫌だな」と思っていて。そのタイミングでGAと出会ったので、とても魅力的に見えたんです。自分に何ができるかはまだわかっていなかったですが、テクノロジーで不動産業界を変える、このテーマに一緒に挑戦したいと思いました。

  3. サービス改善のために、1ヶ月間セールスとして働いた

    一番印象に残っている仕事は、セールスの業務体験です。セールスの実務を理解していないと良いシステムは作れないだろうという事で、1ヶ月間セールスとして働いてみたんです。実際にセールスの立場で、自分の開発しているシステムを使ってみると実務に沿っていない部分もあって使いにくく、ショックを受けた記憶があります。セールスが求めるものと開発側が良いと思っているものとでは少なからず乖離があることを実感しました。最終的にはこの1ヶ月の体験をもとに改善を行い、セールスの作業時間の短縮を達成できたので、有意義なプロセスだったと感じています。

  4. やがて外販することも視野に、実地でシステムを育てていく

    近い将来の目標としては、セールスの売り上げを最大化するシステムをつくること。そのためにやるべきことはたくさんあるのですが、例えばAIとの連携が実現したら、売り上げに大きく貢献できると思っています。お客様の属性データによって最適な物件をセールスに助言したり、お客様とセールスの相性を可視化してセールスをサポートするようなイメージです。これは少し先になるかもしれませんが、システムがもっと育ったら社内だけでなく外販もできたらいいなと考えています。

テクノロジーによって無駄を減らし、
顧客と向き合う時間を増やしていく

社員一覧