AYAKO SHIMIZU

清水 絢子

「未来を変える可能性」
を魅力的に発信。
世界をもっとワクワクする場所に

清水 絢子

広報部/チームリーダー

2017年入社

山梨県甲府市生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、イギリスのグラスゴーにあるThe Glasgow School of Artにてプロダクト&サービスデザインを学ぶ。アトリエ系設計事務所にて家具設計を経て、不動産系ベンチャー企業にて広報職に転身。2017年1月よりGA technologiesの広報を担当。

  1. GAと誰かとの"接点"を作る仕事

    広報として、社内外に向けたコミュニケーション業務を担当しています。具体的には、会社やサービスについて広く知っていただくために、メディア向けにサービスや事業の紹介をしたり、トレンドに合わせた企画提案やプロモートを行なっています。他にもコミュニケーションを担当する部署はあるのですが、ユーザーだけでなくメディアや投資家など、より多くの人にGAを知ってもらうというのが広報の領域になります。また社内向けには社内報を製作したり、社外の方を招いたイベントの企画運営なども行なっています。

  2. Renosyのメディア向け説明会では、メディアの方々の熱量と期待に驚かされました

    未上場のスタートアップの説明会は、なかなかメディアの方が集まらないことも多いようですが、当日は席が足りなくなるぐらいの方にお越しいただきました。「これから来る!」と言われている不動産テックの企業が”サービスとその背後のAI、データ活用の仕組みについて話す”ということで、みなさんとても興味をお持ちいただいたようです。質疑応答ではご質問をいただきすぎて、ずいぶん時間を過ぎてしまいました。

  3. 提案できる余白と協力してくれる風土

    前職も建築・不動産の領域で働いていたので、不動産テックの領域に関心があったのですが、何よりも広報部署の立ち上げから参画できることに惹かれ入社しました。企業としてはアーリーステージにあるので、大きな会社にあるモノや制度が無いことも多いのですが、風通しが良く、みんなが提案に協力してくれる風土があるので、誰かが手をあげればいろんなことが実現していく会社です。

  4. 正直、初めは変化が早すぎて2週間に1度ぐらいびっくりしていました(笑)

    あとGAの特徴といえば、スピード感です。問題に直面しても、すぐに前向きな対応ができる柔軟性を持った人が多いんです。会社が常に変化しサービスの範囲もどんどん広がっていくので、正直、初めは変化が早すぎて2週間に1度ぐらいびっくりしていました(笑)。大学生の頃のように勉強することが多いので、刺激的な毎日を送っています。

「未来を変える可能性」
を魅力的に発信。
世界をもっとワクワクする場所

社員一覧