MIKI MUTA

牟田 美紀

お客様の暮らしに起きた
イノベーションを感じられる、
幸せな職業です

牟田 美紀

LIFE-DESIGN Division Ⅱ リノベーション

2016年入社

インフラ会社にてCADオペレーターとして勤務後、もっと深く住環境に携わる仕事に従事したいと一念発起し、インテリアコーディネーターを目指す。資格取得後は買取再販物件向け内装工事を主に担当し、2016年8月よりGAのメンバーになる。現在はエンドユーザーへマンションリノベーションのご提案を行う。

  1. ヒアリングは時間を何より大切にしています

    リノベーション事業部に所属し、マンションリノベーションの内装設計の仕事をしています。お客様との打合せの際、現在のご自宅のどんなところに不便さを感じているのか。今後どんな暮らしを望まれているのか。ヒアリングを通して、一組一組に合ったプランを提案します。リノベーションと聞くと最近では雑誌等にも数多く特集されていますので「オシャレ」なイメージがあると思います。でもそれだけじゃなくて、使い勝手や清掃性、ライフサイクルの変化に対応できることも重要なんです。なのでお客様の5年後、10年後、さらにその先まで想像して、プランを練るようにしています。

  2. 何もない状況からのスタート

    私が入社した時はまさにリノベ事業部の立ち上げ時だったので、本当に何もない状況からのスタートでした。スタートアップの中で自分にはどんなことができるのか試してみたいという気持ちで入社したんです。設計なので当然図面を描きますが、図面を描くソフトが無い。建材や設備のカタログすら無い。そんな状況だったので、自分で打開策を考え、コミュニケーションを取り、何とか現状を打破していく日々でした。徐々にチームの人員が増え、今では頼れる上司や同僚に恵まれています。

  3. ご満足いただき、奥様とは一緒にインテリアショップを回る仲になりました

    ご夫婦とお子様二人の仲良しファミリーのご自宅を手掛けた仕事は印象に残っています。 実際の工事が始まると予想外のことが立て続けに起き、対応に奔走しましたが、結果とてもご満足を頂き、奥様とはインテリアショップを一緒に回る仲に。中学生の娘さんは夏休み宿題の「職業インタビュー新聞」で私を取り上げてくださり、インタビューを受けました。とても嬉しい内容でその新聞は私の宝物です。

  4. お客様の生活にイノベーションを

    正直なところ、大きな世界でのイノベーション、「世界を変える」事にはあまりピンときません。でも、お客様一人一人に起きたイノベーションを感じることができる、とても幸せな職業だと思っています。リノベーションをされたお客様から「フェイスブックのアップが増えた」「広いリビングで夫婦でヨガを始めた」「朝日で目覚めるのがが気持ち良くてリノベ後はカーテンを閉めずに寝ています」「毎週末、人を家に招いています」などの声が聞けた時は、本当に嬉しいですね。毎朝「さぁ、今日も誰かの世界を変えてこい!」と自分の背中を押しています(笑)。

お客様の暮らしに起きた
イノベーションを感じられる、
幸せな職業です

社員一覧