SHUZO IIDA

飯田 修三

教育・保険業界なども視野に入れ、
人生にイノベーションを
起こせる企業へと成長したい

飯田 修三

2014年入社

1990年生まれ。兵庫県姫路市出身。日本体育大学体育学部武道学科卒業。大学から感謝賞受賞。所有資格・宅地建物取引主任士・ファイナンシャルプランナー2級。学生時代は16年間、相撲部に所属、心技体を磨き、大学在籍中には幾度もチームの日本一に貢献する。中学高校保健体育教員免許を取得しながら今の教育業界に側面から改革を起こしたい強い考えから教職採用を辞退、新卒で大手デベロッパーを経験。年間トップセールスに輝き、販売実績の歴代最高記録、連月記録などを幾つも更新する。現在最年少ゼネラルマネージャーとして従事。

  1. セールスには商品力と人間力が必要不可欠

    セールス部にゼネラルマネージャーとして所属しています。弊社のセールス部は一般的な会社の営業部とは違い、どの役職であっても最前線である現場に赴くというカルチャーがあるので、私も率先して商談の現場に出るように心がけてます。セールスマンとしては、webサイトやアプリからお問い合わせいただくお客様への中古マンションの提案。マネージャーとしては、この仕事の楽しさややりがいをチームメンバーに浸透させることに日々奮闘しています。

  2. 全員の前で涙が止まりませんでした。

    入社した当初、私のミスでお客様の受注をキャンセルせざるを得ない事態に。メンバー全員の前で涙が止まりませんでした。セールスとしての悔しさももちろんあったのですが、当時はメンバーが30人も居なかった頃で、今よりもさらに1件の売上が大事な時期でした。なので会社とメンバーに負担をかけてしまったという思いが強かったですね。それ以来、妥協を許さず細部にこだわる仕事を意識しています。

  3. 教員免許を取得後、セールスの道へ

    実は元々、中学教員を目指していたのですが、教員免許を取得したあと、教員にはなりませんでした。何も経験していないのに私が教員になって、いきなり先生と呼ばれてしまう、古くから変わらない「教育現場」には違和感があったんです。とはいっても、セールスマンになっても教育に対する熱意は持ち続けていて、子供達がまっすぐなにかに夢中になれる社会にしたいと今も思っています。教育現場の外から変革を起こしたいですね。

  4. 教育×テクノロジーで、もっと多くの人が豊かに生きれる社会へ

    現在、不動産業界をテクノロジーで変えることに取り組んでいますが、将来的には教育×テクノロジーの分野(エドテック)にも進出したいです。具体的には金融リテラシーの教育です。不動産は長期の資産形成に関わる分野なので、実は保険や金融業界とも近い部分があるんです。事業を通して得られるこれらの専門知識とテクノロジーを応用して、子供の頃から生涯の資産形成について視野を広げられるサービスを提供したいと考えています。

教育・保険業界なども視野に入れ、
人生にイノベーションを
起こせる企業へと成長したい

社員一覧