INTRODUCTION OF OUR BUSINESS

事業紹介

中古不動産市場において、AIやデータを活用したリアルエステートテックサービスを提供しています。

GA technologiesの強み

GA technologiesの強みは、エンジニアやデータサイエンティストなどテクノロジーのプロフェッショナルと、不動産取引・設計・施工・管理などリアルのプロフェッショナルの両方が集まる組織であることです。メンバーの30%はエンジニアという環境のもと、セールスなどリアルに関わるメンバーも積極的にプロダクト開発・改善に取り組んでいます。

Renosy事業
中古不動産流通のプラットホーム

Renosy(リノシー)は、家(住宅や収益用不動産)を探している人と、家を提供したい人(不動産会社や個人オーナー)をつなぐ中古不動産流通プラットホーム事業です。現在開発中のマッチング型ポータルサイトを主軸に、アプリ・ウェブ・IoT機器など最適なツールを活用しながら、家探しや購入(売買・仲介)から、リノベーション、購入後のアフターフォローまで、エンド・トゥー・エンドの不動産サービスの提供を目指しています。

※:物件やそれに付随する情報の収集から契約締結、購入後のアフターフォローまで「端から端まで」の意味。

ReTech(不動産テック)
中古不動産流通のプラットホーム

当社では、テクノロジーを活用し、不動産ビジネスの業務改善や新しい価値創造を行うReTech(不動産テック)事業を展開しています。日本の不動産マーケットは、年間約43兆円※2が取引されるの巨大なマーケットであり、今話題の「xTech」の中でもとりわけ大きな期待を集めています。また、将来的にはReTech領域のみに留まらず、FinTechやInsureTech(保険xTech)など不動産と親和性の高い領域への拡大も見据えています。

※2:財務省 平成28年度年次別法人企業統計調査に基づく不動産業の売上高

AIとデータ活用
GAの不動産サービスの基盤を支えるAI技術

当社ではAI専門組織を立ち上げ、データドリブンでユーザー利便性の高い不動産サービスを目指し、データやAIの活用に積極的に取り組んでいます。例えば、AIの画像解析技術を利用した物件仕入れシステム(Tech Supplier)や、AIのレコメンド技術を応用した物件提案システム(Tech Consul)など、各サービスの基盤となる社内システム(Techシリーズ)にAIを活用することで、効率的かつ高付加価値なサービスを実現しています。他にも、大学との共同研究などの様々な取り組みを通じて、AI・データ活用のリーディングカンパニーを目指しています。

会社についてトップへ